スポンサードリンク

パリ観光はアパルトマンで短期滞在♪芸術家の街モンマルトルで自炊生活!

スポンサードリンク Ads by google

最初に断っておきます。モンマルトルは、家賃が安くあまり治安が良い地区とは言えません。
特に、

バルベ地区は移民が多く、アフリカやアラブの物産が手軽に買えるが治安はあまり良くない。一方、モンマルトルの西南麓のピガール地区はパリ随一の猥雑な歓楽街・風俗街で、風俗店やビデオ店、アダルトショップなどが並んでいることでパリ市民には有名である。 (引用元:Wikipedia)

なので、モンマルトルでアパルトマンを選ぶ時は慎重にお願いします!!

芸術家の街

じゃぁ、なんで そんな モンマルトルに宿をとったかと言いますと…

Montmartre02

昔ながらの街並みも残っていて、また、「芸術家の街」として画家も多いんですよね。
娘が絵を描くのが好きなので、この街にしました♪


より大きな地図で パリ を表示

PCでしたら、ストリートビューで広場にいるたくさんの画家が見えると思います。スマホの場合地図中央、モンマルトルのおすすめスポットがテルトル広場です。

そしてまた 犯罪情報…

座って絵を買いている(すなわち、自分の場所を持っている)画家は比較的安全です。が、観光客を 追っかけまわして、「勝手に絵を描く」タイプの画家は要注意です。

似顔絵を勝手に書いておいて、法外な値段を請求してくる。勝手に書いったのに、「君を書いたんだ、もう 画材も使ってしまっただろ!!」ってな感じで怒り出すらしい。

っていうか、ホント パリ 犯罪者多いです… そして、ココはすりの多発地帯なので、ご注意を…

(関連記事)

モンマルトルの観光地から離れた スーパー

サクレ・クール寺院周辺や、バルべ地区、ピガール地区を外せば… 至って普通の街です。

Montmartre03 Montmartre04

 

生鮮食品も売っていますし、お店の前ではセルフ フレッシュジュース販売機も!!  これぞ、果汁100%!!

あっ、アパルトマンのレポートでした…

paris-apartment05

 

キッチン付きのアパルトマンを借りました。

  • 1LDK
  • 1Bed Room (+ リビングに収納ベッド有り)
  • 屋内ジャグジーバス
  • トイレ

で、このキッチンですが… 全て IKEYA 製です。海外行くとよく思うのですが… 海外の家電ってセンスいいよね♪ 電子レンジとか必要最低限しか機能ついていない けど その分パネルがシンプル。

だって、日本の電子レンジの機能 10%も 使いこなしてないもんw

シンプルはいいことです♪

キッチンもあるので 自炊♪

paris-apartment04

デパートで買ってきた、ピジョン(鳩)のもも肉に、ハーブと塩だけのシンプル味付け。
後は フライパンで焼くだけ♪

paris-apartment02

こちらは、ピジョンのフィレ肉♪ 焼いただけ~♪

paris-apartment03

こちらは、ラピンのモモ肉♪ と 牛のハラミ 焼いただけ~♪

paris-apartment01

こちらは、カット野菜と、生ハムと、ゆで卵を持っただけ~♪

 って、1日で食べた訳じゃないですよw

スーパーやデパートの食品売り場では、日本では見かけない 食材が沢山あるので、それを 買ってきて焼くだけで、とっても フランスの香り♪

特に、ピジョンはくさみがなく、しかし、チキンに比べて味が濃厚で、しかも 柔らかい!!

これ、日本でもっと取り扱って 良いんじゃない? と 思ったんですよね~。

って、日本で 通販で買えないか 調べてみよっと♪

 


あわせて読みたい! パリのおすすめ記事