スポンサードリンク

モン・サン・ミッシェル島へはシャトルバスでGo!2013年版

スポンサードリンク Ads by google

Mont-Saint-Michel-bridge

 

モン・サン・ミッシェルへは、2013年現在 自家用車の乗り入れは出来ません。

その昔は、まさに 「島」だった モン・サン・ミッシェルでしたが、アクセスを容易にするため、埋め立てられ道ができ、そして、その埋立地の上に駐車場が出来ました。

ですが、長い年月の中で、埋め立てた道路によって 潮の流れが変わり、大量の土砂がモン・サン・ミッシェルの周りの海にたまり(一説には、2メートルも!)… その結果、潮が満ちても、モン・サン・ミッシェルの側まで潮が来ることがなくなってしまいました…

そこで、2015年度をめどに、埋め立て式の道路を、橋に切り替える工事が行われています。

写真は、建設中の橋とモン・サン・ミッシェル♪

今しか見れないと思ってw 写真に収めました。

車で行ったらどうするの?

レンタカーを借りて、モン・サン・ミッシェルに行く場合どうするかといいますと… 2013年現在、大規模な駐車場が陸地に整備され、そこから少し離れた場所にあるバス停からシャトルバスに乗ってモン・サン・ミッシェルへ行きます。


より大きな地図で モン・サン=ミシェル を表示

駐車場は、モン・サン・ミッシェル駐車場で、シャトルバス乗り場は、モン・サン・ミッシェルシャトルバス乗り場です。

地図だとよくわかりませんが… アンド 私はレンヌから長距離バスで行ったので、駐車場を使っていないのですが…
どうやら、駐車場からシャトルバス乗り場はやたらと遠いらしい!

林真理子さんの解説によりますと…

(林さん)「何、この遠さ。どうして駐車場の横からバスを出さないんですか。」
(ガイド)「尊重が自分の利益最優先にしたのです。バスの停留所は、村長の経営するホテルの前になりました。」
週間文春 2013.6.13 p56-57 「夜更けのなわとび ・ 林真理子」

って、おい! それは間違いなく、利益誘導でしょ… オチとしては…

(その結果)何件かのお土産屋さんに客がほとんど来なくなった。怒ったお土産屋が村長を相手に裁判を起こして勝ったそうである。
(ガイド)「だけど、フランスの不思議なところは、シャトルバスの停留所をもっと手前(駐車場側)に持ってくることで距離が長くなる、だからシャトルバス料金を含む駐車場料金をもっと高くする、いや、許さないともめにもめているそうです。」
週刊文春 2013.6.13  p56-57 「夜更けのなわとび ・ 林真理子」

って、話…らしいですよ。

(追記) 2013年6月3日から待望の 駐車場からシャトルバス 発着!! 関連記事をどうぞ♪

モン・サン・ミッシェル側のシャトルバス停留所は…

これも、結構 モン・サン・ミッシェルから遠かったりしてw
Mont-Saint-Michel-bus

場所は、先ほどの地図を北に移動して、同じアイコンの場所です。

モン・サン・ミッシェルの入り口から体感で15分は歩くでしょうか? いや、10分か… 
実は、モン・サン・ミッシェルの入口付近で、もっと小さなバスが往復しています。 なので、そっちに乗ってもいいのかなぁ… と思ってたのですが、どうやら モン・サン・ミッシェルのショップの従業員用 & 身体の不自由な方用 らしいです。

なので、ここまで歩いて、バスに乗ります。

バスが、「働く車」萌えw

Mont-Saint-Michel-bus03

 

無骨なバスですw

が、狭い道路を往復するシャトルバスなので…

運転席が前後にある! 

つまり、モン・サン・ミッシェル側(北側)に行くときは 北側の運転席に座って運行。で、帰りは、車両をUターンすることなく、そのまま 後ろ側の運転席に座って運転。

まるで、電車w

で、それにともなって サイドミラーが、出たり折りたたんだりするわけですよw
運転席も、どこか 鉄道チックw

あ~、写真とっとけばよかった♪

はい! また、共感者が少ない話題でしたw

どうやらシステムは変わっているらしい。

全部 2013年3月の情報です。
大規模改修工事によって、周辺の道路事情及び駐車場事情は変わっているみたいなので、最新情報の入手をお願いします m(_ _)m

環境保全の看板

Mont-Saint-Michel-bord

 


あわせて読みたい! モン・サン=ミシェルのおすすめ記事